the book-review columns

書評コーナー
武漢日記 方方 巧みな偽善者
木は動けない
鳥は空を飛べるが
木にできるのは耐えることだけ
きょう
木洩れ日のなかで
その一本の木について考えた
--------郷原宏 「木洩れ日のなかで」『カナンまで』より



猛暑をくぐり抜けて咲いた地植えの薔薇


殺人的な暑さの今年の夏も、毎日庭の樹に水をあげていた。
翌日水をあげるとき、元気なその姿を見るとほっとした。

『武漢日記』、たいへんな評判である。わたしもそのキャッチコピーに騙されて買ったひとりである。

「私は花を育てるのが苦手で、私が育てた花の運命は悲惨だ。途中で枯れるか、あるいはそもそも咲いてくれない」同書104ページ

花々は命あるものである。粗末にするだけでなく、言葉によって、方方はその花々を二度殺している。

このような人間に、そもそもたとえ相手が中国共産党であれ、文章で批判する資格はない。引用箇所の少し前で、方方はこう言う。「今日も快晴だ。至るところに生命力を感じる」

これはもはや、立派な偽善者の証明であろう。
このような人間が、印税を寄付すると宣言しても説得力はない。
印税は、直接、武漢のために尽力した人々に入るのではなく、いったん方方の懐に入るはずで、それを王様気取りで、恵むつもりなのだろうか?

いずれにしても、最悪の本をつかまされた。
称賛する人がいるとしたら、よほどの節穴の眼の持ち主でしょうか。
- : comments (x) : trackback (x)
Oct.2020
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
横 300 pixel 縦 192 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 423 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。