the book-review columns

書評コーナー
鹿島三樹とはわたしです。『ノートルダム ドゥ キャシー』映画化の夢
昨年の大晦日にリリースした、標記の物語の作者はわたしです。

説明文は、
「現代のパルムの僧院を描く、イギリス人女性と日本人男性との生涯を賭けた恋。
 戻れない時間を背景に、ふたりをめぐる様々な群像、激情と悔恨……」
まさにその通りなのだが、最初から起算すると約1年をかけて書いたこの物語の動機づけとして、三人の俳優がつねに念頭にあった。

舞台は、イギリス南部の街ヘイスティングスと、インド、ラジャスタン州のプシュカールであり、このふたつの実在する街は、作者の滞在経験からリファインしたものである。

主要登場人物は三人、イギリス人の、KathyとMarie、日本人のKousukeである。

執筆途上、イメージしていたのは、

Kathy=若かりし頃のミランダカー


Marie=デイジーリドリー


Kousuke=斎藤 工


である。

物語は映像化を踏まえて書きました。この三人を念頭に読んでいただければ幸いですし、焦点が合う方もいらっしゃると思います。
- : comments (x) : trackback (x)
Jun.2020
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
横 300 pixel 縦 192 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 423 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。