the book-review columns

書評コーナー
引きこもりは、まずひとりにすべき
練馬区の引きこもり殺人以来、急に話題になった、引きこもりの子供を持つ親の悩み。

まず、引きこもりは、観客を必要とする劇場型という認識が大事です。
観客は1人でもいいんです。自分の勝手さを見せつける破壊的心理が、引きこもりの人間にはあります。
家を離れて、観客のいない状況にしなさい。
食事を持っていくのをやめなさい。

ひとりになると、いくらネットを観ても孤独感は強まります。
欲しい食べ物を得るには、スーパーなどに出かけなければならないんです。
壁を壊しても、虚しいだけだとそのうち分かります。

親戚の家でも何でもいい、親は仮の住まいにいて、事の動静を見なさい。ゴミのことも目をつぶりなさい。数ヶ月して、まだ引きこもっているようなら、これは無害な、治療が必要な引きこもりと言えるでしょう。

これができなければ、殺人事件しかないです。

ちなみに、練馬区の父親は全く悪くなく被害者です。裁判所が罰するとしたら、それこそ本末転倒。
- : comments (x) : trackback (x)
Jun.2019
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
横 300 pixel 縦 192 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 423 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。