the book-review columns

書評コーナー
Top Gun 懐かしのレトロゲーム
オンライン対戦のゲームが全盛の今日この頃ですが、今回はわたくしのささやかな趣味である、レトロゲームについて書こうと思う。

わたくしが使っているレトロゲームのハードウェアは、任天堂の初代ファミコンです。

ソフトは、カセットのみ。回転ベルトが摩耗し、ディスクは使えません。

持っているテープの主なものは、
Top Gun
井出洋介の実戦麻雀
ボクシング 2つ
ファミリーテニス
ファミリースタジアム 野球
Star Wars

などなどです。

今回は、Top Gun について。このゲームは、300円くらいで、ハードオフで買いました。

さっそく、プレイしたところ、これがむずかしいんだよね。

構成は単純で、こちらの戦闘機が、空母から離陸して、ミサイルで敵国の戦闘機を撃ち落とし、空母に帰ってくれば、次のよりむずかしいミッションに進めるというもの。

ところが、空母に無事帰還するのは至難の業なのだ。

まず、敵国の戦闘機をそれ相応に撃ち落とさなければ、空母の甲板へと降下する、ランディングシークエンスに入れない。
ミサイルは種類あり、わたしは、3番目のミサイルがお気に入りです。
敵機を撃ち落とす画面は、3回 までできる。
1、2回目はどんなにうまく敵機を撃ち落としても、爆破される。3回目で、今までが良ければ、ランディングシークエンスとなる。
戦闘機は高度を下げ、空母の甲板を目指す訳だが、このランディングは、ネット上の紹介、攻略サイトが口を揃えて言うように、至難の業である。

空母に近づく際に、スピードダウン、アップという司令が出るが、最初はリモコン操作が分からなかった。ダウンは、⇩キーとAボタン、アップは、その逆。right 、left という指示も出るが、これは⇨、⇦でオーケー。

何回やっても、手前の海にドボン、向こう側の海にドボンだったが、先日、ようやくランディングに成功! コツは、空母の手前、衝突ギリギリに滑りこむことだ。

限りなくアナログに近いレトロゲーム。癒されるね。

一眼レフカメラ、オーディオ、サウナと、アナログファンの自分ですが、iPad系も大好き。
この記事もiPad で書いています。
- : comments (x) : trackback (x)
Dec.2019
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
横 300 pixel 縦 192 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 423 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。